ヘアケア 髪の雑学:ヘアケアしようよ!いいヘアケア.com
ヘアケア 髪の雑学:ヘアケアしようよ!いいヘアケア.com

いいヘアケアTOP 毛根チェックをしよう! ヘアケアサイトリンク集 サイトマップ

ヘアケア 髪の雑学の目次

>>薄毛体質改善法は、すでに4千名以上の方が購入した、自宅で簡単にできる発毛法はコチラ

売れてる!通販人気ヘアケアシャンプーランキング
馬油で抜け毛が止まる? 頭皮からヘアケア「ウーマシャンプー」
馬油の油が頭皮の汚れ(油)を浮かせてキレイにします。育毛は頭皮環境を整えることが大切です。 頭皮環境を集中ケアする「馬油シャンプーU-MA(ウーマ)」 薄毛でお悩みの方に
返金保証のついたヘアケアミスト 返金保証のついたヘアケアミスト「M−1」
「たった2ヶ月で髪が生えてきた!」酵素研究40年の歴史から生まれた世界初「分子ピーリング」の育毛液。たった2ヶ月で効果を実感できる即効性があります。「効果がない!」「満足いかなかった!」お客様には、全額返金システムをご利用いただけます。

HOME >> ヘアケア 髪の雑学

髪の毛は何でできてるの?

ヘアケア髪の毛のおおまかな構 造は、外側からキューティクル、コルテックス、メヂュラという3つの層で成り立っているのですがこの3つの層の成分はというと キューティクルは硬いタンパク質 コルテックスは繊維状のタンパク質 メヂュラは柔らかいタンパク質と脂質 ってタンパク質ばっかりかい!!とツッコミをいれたくなるほどほとんどタンパク質でできているのです。つまり、髪の毛にはタンパク質でできていると言っても過言ではないのです。 つまりヘアケアとはタンパク質の性質をよく理解して、タンパク質の喜ぶことをしてあげること、ともいえるのです。

ヘアケア

髪の毛の太さは?ファイナルアンサー?!

ヘアケア髪の毛の太さなんて普段気にすることはないですが、知っておけば何かの役に立つかもしれませんよ。そうですねぇ、例えばなんかの拍子であなたがクイズミ○オネアに出場して最後の問題が、髪に毛の太さだったらどうします?もししっていたら1000万円ゲットですよ!! その時のために憶えておきましょう。(笑) 勿論個人差はありますがが、髪の毛の太さだいたい0.05〜0.15mmです。男性は10〜20代にかけて太くなり、20代後半には細くなり女性は10〜30代にかけて太くなり、30代以降に細くなります。このように髪の毛は年齢によって変化していくものなのです。 そして髪の毛の太さには、コルテックスの量が大きく関わっています。それが多いと太く、少ないと細くなるのです。

ヘアケア

いやぁ〜髪の毛ってホントに強いですねぇ〜

よくテレビやサーカスなどでトラックに髪の毛を結んで引っ張って動かしたり、髪の毛をなにかに結んで自部自身がぶらさがってアクロバットをしたりするのを見たことありませんか? これらを見ているとなにを無茶なことしとんねん!と思ってしまいますが、髪の毛の強度は結構 強いものなのです。 1本あたりの髪の毛が持ち上げられる重さは、50gとも100gとも、200gとも言われています。 あの細い1本がですよ!ビックリですよね。 人には約10万本ある髪の毛があるわけですから1本50gを吊るしたとしても、50g×10万で5tのものを持ち上げることができる計算になります。 いやぁ〜髪の毛ってホントに強いですねぇ〜 とはいうもののあくまで単純計算なうえに髪の毛の耐久度だけの話ですから! 重たいものを引っ張ったり、吊り下げたりするのは他の筋力も鍛えてなければ無理ですし、髪の毛の根元(頭皮や毛根)のことは無視した計算なので絶対にマネはしないで下さいね。

ヘアケア

髪はどこまで伸びる?あなたもギネスに挑戦?

ヘアケア気がついたらなんか髪が伸びたなぁって感じで、実際髪の毛って1日にどのくらい伸びるかなんて気にしたことはないですよね。 実は髪の毛って1日に0.3mm〜0.5mm伸びるのです。 もちろん個人差はありますが、1日に0.5mm伸びるとすれば、1ヶ月で1.5cm、 1年で18cm伸びることになります。これからベリーショートやボウズ頭にしようと思ってる人は、このことを踏まえてもとの髪型に戻るまでどのくらいの期間が必要か、よく考えて実行した方がいいかもしれませんよ。 ちなみに髪の毛の伸びる速さは体毛の中で2番目の速さです。1番はというと、ヒゲです。 このペースで伸ばし続けるといったいどこまで伸び続けるといったいどこまで伸びるのでしょう?世界記録はギネスブックに認定された5m15cm。タイの男性の記録ですが、これは極めてまれな例で普通は、髪にも寿命があるので1mに達する前に抜けてしまいます。 あなたもギネスに挑戦してみますか?清潔感を犠牲にして(笑)

ヘアケア

髪の毛は知っている殺人現場から浮気まで

ヘアケアたった1本の髪の毛から重大事件が解決することもあります。 髪の毛から血液型や性別などを鑑定することができ最近ではDNAを取り出し個人の識別が可能 なのです。 このように重大な事件の解決にも役立っている髪の毛ですが、身近な事件にもおおいに関係していることも。。。。。。 身近な事件??? そうですあなたの車の助手席から発見されたことはないですか? 「ナニよこれ!!なんでこんな長い髪の毛がついてるの!?!?!?」ってね・・・・

ヘアケア

セックスのしすぎで抜け毛になる!!??

男性のセックスや自慰行為が髪の毛に影響があるって、にわかに信じがたい話ですが全く無関係とはいえないのです。髪の毛はほとんどタンパク質で出来ているわけですが、男性の精液もタンパク質から成り立っています。 過度のセックスや自慰行為をするとそれだけ射精の回数が増えるということなのでその分タンパク質が放出されることになります。そうなると食事で吸収されたタンパク質は精液製造にまわってしまい髪の毛には届かなくなり、抜け毛の原因となってしまうのです。 セックスや自慰行為の回数って何回くらいがノーマルなのかはっきりした定義はないですし、ひとにはちょっと聞くのもなんですし、難しい問題ですが、1日に数回ってのはちょっとヤリすぎかも。。。。。。。。 何事もほどほどに。

ヘアケア

パーマの歴史

美しいウェーブや怖〜いパンチパーマまで本来の自分の髪質では出来ないヘアスタイルを作るために、老若男女を問わずパーマをかけている人が多い昨今ですが、実は現在のようなコールドパーマは開発されてからまだわずか70年足らずなのです。 パーマの歴史をたどって見ると、髪の毛にカールやウェーブをつけることは古代エジプト時代から行われていたともいわれています。ピラミッドを建てる仕事をしながらパーマでおしゃれを楽しんでいたのでしょうかね。 近代パーマの発祥は、1872年にパリの髪結師マルセル・グラトーが考え出したヘアーアイロン式で今で言うアイパーですね。 これが始まりと言われ、後に1905年、イギリスで理髪師のネスラーというドイツ人がアルカリと電熱器を利用したウェーブ法を発明し1908年特許をとりボロ儲けしたかどうかは定かではありませんがこれが、現在のパーマの原点となり、研究熱心な人達のおかげで1936年チオグリコール酸の化学反応を人毛ケラチンに応用した技法が開発されて現在のコールドパーマの原形ができたのです。

ヘアケア

知ってて損はないパーマの原理

ヘアケア現在この世の中のパーマはくるくるカールの彼女やイカツ〜いパンチパーマのお兄さんまで、一般に行われているパーマは、コールドパーマと呼ばれるパーマです。 コールドパーマの仕組みは、髪の毛の側鎖の化学結合のひとつであるシスチン結合というものをを、パーマ液の化学作用によって組み替え、好みのウェーブやストレートに変形させることができるのです。 ウェーブを作るには、まずロッド(軽〜いウェーブの場合は多きめのロッド、キツく巻く場合は小さいロッド)と呼ばれる棒状の筒に髪の毛に巻きつけてパーマ第一剤(還元剤)によってシスチン結合を切ります。 シスチン結合を切った後、パーマ第二剤(酸化剤)によって変形した状態で以前とは異なる相手と結合させる事によって髪の毛の形状を変えることができます。 ストレートパーマの場合も、まっすぐなものを曲げるか、曲がったものをまっすぐにするかの違いはありますが、パーマをかける対象の性質は同じなのです。当然、還元と酸化による化学反応の原理は同じです。 元の結合相手と違ったシスチン結合を作ることによって、半永久的なスタイルを作る、これがコールドパーマの原理です。

ヘアケア

痩せたい一心が大変なことに?

ヘアケアデブだハゲって最悪じゃん!なんて女の子から言われて薄毛はすぐ治らないしとりあえずはダイエットだ!! ってなことで正しいダイエットの知識を持たないまま、ただ食事を抜くなど単純に食べる量を減らして、無理なダイエットをしてませんか? 正しいダイエットをしないとどうしても栄養が偏ってしまい身体に必要な栄養が十 分に行き届きません。そうなると当然頭皮や髪の毛にも必要な栄養が届かずに、脱毛の原因となります。 間違ったダイエットをすると痩せるどころかリバウンドしてさらにデブになるわ脱毛は進行するわと最悪な状態に陥ってしまうので充分気をつけましょう。

ヘアケア

ダイエットが抜け毛に!?肥満も抜け毛に!?

「ダイエットが抜け毛の原因になる?」なんて記事を読んで、じゃあダイエットなんてや〜めたなんて人はいませんか? これは大きな間違いでダイエット=抜け毛の進行ではありません。 正しくダイエットををすればなんの問題も無いのです。 もしあなたが肥満なら髪の毛のためにもそれは改善すべきなのです。 肥満は糖尿病、高血圧、動脈硬化などの生活習慣病の原因になり、結果として髪や頭皮に栄養が行き届かず、ストレスもたまり、抜け毛や薄毛を進行させます。 最近は健康関係のテレビ番組でもよく目にしますがドロドロ血液とサラサラ血液、生活習慣病の人の血液はドロドロになりがちで、サラサラ血液に比べると、毛細血管をスムーズに流れることができません。ドロドロ血液だと当然血流が悪くなり、毛母細胞まで栄養が行き届かず、髪の毛の健康にはよくないのです。 となると肥満を解消することで薄毛の改善にもなるということなのです。

ヘアケア

■「ヘアケア 髪の雑学」に関する目次

タバコと髪の毛 [3]


ヘアカラーリング [4]


頭皮の皮脂 [4]


眉毛のケア [6]


ヘアケア 育毛 [11]


ヘアケア 植毛 [13]


ヘアケア 増毛 [4]



ヘアケアYES or NOクイズ!
おでこの広い人は必ずハゲる?
七三分けはハゲやすい?
M字薄毛は諦めるしかない?
ギャンブル好きはハゲる?
サーファーはハゲやすい?
ライダーはハゲやすい?
ロックンローラーはハゲやすい?
頭皮が柔らかければハゲない?
薄毛になったら髪は短くしたほうがいい?
髪の毛の太さはヘアケアで太くなる?

ヘアケア 髪の毛の雑学事典
髪の毛は何でできてるの?
髪の毛の太さは?
髪の毛ってホントに強い!
髪の毛はどこまで伸びる?
髪の毛はなんでも知っている。
ダイエットと髪の毛
タバコと髪の毛
ヘアカラーと髪の毛
ドライヤーと髪の毛
セックスと髪の毛



オススメサイトヘアケアTOPページへヘアケアリンク集いいヘアケアの基本お問い合わせ
いいヘアケア準備編いいヘアケア実践編いいヘアケアグッズ


ヘアケア 髪の雑学