リンスとトリートメント:ヘアケアしようよ!いいヘアケア.com
リンスとトリートメント:ヘアケアしようよ!いいヘアケア.com

いいヘアケアTOP 毛根チェックをしよう! ヘアケアサイトリンク集 サイトマップ

リンスとトリートメントの目次

>>薄毛体質改善法は、すでに4千名以上の方が購入した、自宅で簡単にできる発毛法はコチラ

売れてる!通販人気ヘアケアシャンプーランキング
馬油で抜け毛が止まる? 頭皮からヘアケア「ウーマシャンプー」
馬油の油が頭皮の汚れ(油)を浮かせてキレイにします。育毛は頭皮環境を整えることが大切です。 頭皮環境を集中ケアする「馬油シャンプーU-MA(ウーマ)」 薄毛でお悩みの方に
返金保証のついたヘアケアミスト 返金保証のついたヘアケアミスト「M−1」
「たった2ヶ月で髪が生えてきた!」酵素研究40年の歴史から生まれた世界初「分子ピーリング」の育毛液。たった2ヶ月で効果を実感できる即効性があります。「効果がない!」「満足いかなかった!」お客様には、全額返金システムをご利用いただけます。

HOME >> リンスとトリートメント

リンスとトリートメント何がちがうの?

ヘアケアリンスとトリートメントってなにがどう違うのでしょう。 基本的にはトリートメントもリンスと同じで髪をなめらかにして、くしやブラシの通りをよくしたり、静電気の発生を防いだりなどの働きをするのですが、違うところは、髪のどこに効果があるのか?という点です。 トリートメントはその中に含まれているトリートメント成分を髪にジンワリと浸透させ、傷んで弱った髪の毛を健康で元気な状態に近づける働きをします。 トリートメントには“治療”という意味もあり、ようするに髪の毛の内側に浸透したトリートメント成分が働きかけて、枝毛や切れ毛を防いだり、髪のうるおいを保つように中から強化するのです。 トリートメントの一種でヘアパックやヘアマスクと呼ばれる製品も、髪の毛を包み込んで同じような働きをするのでトリートメントの仲間と言えるでしょう。 髪の毛の状態を整えるという意味ではコンディショナーと呼ばれる製品も同じ仲間と言えるでしょう。 一方リンスは髪の外側に膜を張り、髪の毛をコーティングして外部からのダメージを軽減したり、中から必要成分が流出するのを防ぐ効果が期待できます。 ケアの順番としては、トリートメント→リンスは効果がありますが、リンス→トリートメントでは効果は低いといえます。

ヘアケア

リンスの役割

ヘアケア昔は頭の先から体まで石鹸ひとつで丸洗いなんて時代もありましたが今では体は石鹸、頭はシャンプーとつかいわけてますよね。 石鹸で髪を洗っていた頃は、髪に残った石鹸カスのせいで髪がごわごわしたり、髪の毛のツヤがなくなったりすることがありました。 この石鹸カスを除き、髪の感触をよくする目的で、お酢やレモン汁を使ったのがリンスの始まりだそうです。まさに生活の知恵ですね。 今でもシャンプーだけだとどうしても髪がパキパキになるので男性、女性関係なくほとんどの人がリンスやトリートメントを使っていると思います。 現在のリンスには、シャンプーによって失われた油分を補い、髪の毛を柔らかくし、しなやかにする働きがあり、その効果はてきめんです。 リンスをする、しないでは髪の毛が全く別モノのように感じるはずです。 また、髪がなめらかになる事で、くしやブラシの通りをよくし、キューティクルの傷みを防ぐ効果もありますし、さらにブラッシングによる静電気の発生を抑え、ホコリの付着を防ぐ効果や、なんといってもいい匂いがして清潔感に満ち溢れますよね。

ヘアケア

リンスの今昔、現代のリンスの種類

ヘアケアスーパーやドラッグストアーの陳列棚を見ても膨大な種類のリンスがありますが、一口にリンスといっても、さまざまな種類があります。 シャンプーが普及しはじめた当初はオイル成分を含んだオイルリンスや卵黄油、レシチンを配合したクリームリンスが市場では主流になりました。 その後、髪の毛の痛みや髪の水分に注目したものや、キューティクルを保護するものなど、いろいろな製品が開発されてこの頃から髪の毛に対する一般の人も知識や意識に関心を持ち始めたのではないでしょうか。 そして現在リンスは、髪の仕上がりの違い(しっとり、サラサラ)や髪質に合わせたリンス(オイリー/ノーマル/ドライ、硬い髪/柔らかい髪用/クセ毛用)など、非常に多種多様のリンスが出回っていて、傷んだ髪用のコンディショニングリンスや、フケ・かゆみ用リンスなどのスペシャルタイプもあります。 また、色素(酸性染料)の働きで徐々に白髪が自然な感じで目立たなくなる、カラーリンスもあります。 ホントに便利な時代になりまいたねぇ。ってお年寄りみたいな事を言いたくなりますが、とにかく自分のタイプに合ったリンスをチョイスして正しくヘアケアをしましょう。

ヘアケア

リンスとトリートメントつけ方の基本形

ヘアケア当然ですがリンスやトリートメントは髪の毛自体をケアするものですから地肌ではなく、髪の毛につけるようにしましょう。 リンスやトリートメントは髪の毛に足りない油分や水分を補うのが目的なので地肌につけても効果はありませんし、地肌についたリンスやトリートメントはすすぎ残しがあると、頭皮には悪影響でヘアケアには逆効果です。 傷んだ髪の毛はリンスやトリートメントの成分が吸着しやすいので、どうしても傷みやすい毛先に多くつけるとより効果的と言えるでしょう。 髪の毛につける量ですが、たくさんつければ良いというものでもなくやはり髪の毛の傷みの状態や、仕上がりの好みによって加減が必要です。 乾燥ぎみで傷んだパサパサした髪の毛と健康な髪の毛の場合とでは、当然仕上がりが違ってきますのでつける量も違ってきます。 リンスは即効性があり髪の毛に直接つけてよくなじませた後、すぐにすすいでも効果は感じますがリートメントの場合は髪の毛につけてからしばく置いておくとより効果的です。約5分程度置くつもりでトリートメントをつけてから体をゆっくりと洗い終わってからすすぐとちょうどいいかもしれませんね。 トリートメント成分がよく浸透するように時間を置くわけですが、このときに蒸しタオルなどをターバンのように頭に巻いて髪の毛の湿度を高くするとよりトリートメントの効果が発揮できます。 これをキッチリ行うのは意外と面倒ですが、特にロン毛の諸君はガーっとつけてザーっと流すのはやめましょう。

ヘアケア

■「リンスとトリートメント」に関する目次


ヘアケアYES or NOクイズ!
おでこの広い人は必ずハゲる?
七三分けはハゲやすい?
M字薄毛は諦めるしかない?
ギャンブル好きはハゲる?
サーファーはハゲやすい?
ライダーはハゲやすい?
ロックンローラーはハゲやすい?
頭皮が柔らかければハゲない?
薄毛になったら髪は短くしたほうがいい?
髪の毛の太さはヘアケアで太くなる?

ヘアケア 髪の毛の雑学事典
髪の毛は何でできてるの?
髪の毛の太さは?
髪の毛ってホントに強い!
髪の毛はどこまで伸びる?
髪の毛はなんでも知っている。
ダイエットと髪の毛
タバコと髪の毛
ヘアカラーと髪の毛
ドライヤーと髪の毛
セックスと髪の毛



オススメサイトヘアケアTOPページへヘアケアリンク集いいヘアケアの基本お問い合わせ
いいヘアケア準備編いいヘアケア実践編いいヘアケアグッズ


リンスとトリートメント