シャンプーの基本 7つの要素:ヘアケアしようよ!いいヘアケア.com
シャンプーの基本 7つの要素:ヘアケアしようよ!いいヘアケア.com

いいヘアケアTOP 毛根チェックをしよう! ヘアケアサイトリンク集 サイトマップ

HOME >> シャンプー選び  >>シャンプーの基本 7つの要素

シャンプーの基本 7つの要素

ヘアケアまとめとして、シャンプーとして何が大切なのか、基本要素を7つにわけてみました。 1. 都合の良い洗浄力 やはり一番はどれだけ汚れが落とせるかが大切ですよね。とはいうものの強すぎる洗浄力はかえってマイナスです。 洗浄力が強すぎると髪や頭皮を傷めてしまうからです。いらない汚れはしっかりと落とし、必要な油分な取りすぎないそんな都合の良いものが理想です。 2. pH(ペーハー)値 酸性かアルカリ性かってことなんですけど、基本的には髪や皮膚と同じ値のもの(pH値5〜6の弱酸性のもの)が良いでしょう。 3. 安全性 食品でもそうですが、無添加に近いほど、安全ですよね。シャンプーといえども大切な髪の毛に直接触れるものだからこそ安全なものを使いたいですよね。 見分け方としては「表 示指定成分」などが少なければ、無添加に近いことになります。 「表 示指定成分」とは:昭和40年代に厚生省がアレルギー等を引き起こす恐れのある成分として指定した成分をさします。 それらを配合している製品は容器に表 示する義務があります。シャンプーなどの容器の裏の表 示欄に「プロピレングリコール」「パラベン」「安息香酸」 などと書かれているのがそれにあたります。 4. モコモコ泡立ち 一見あまり関係のないように思いますが、実は泡にもちゃんとした役割があるのです。 泡立ちが良ければ髪を摩擦から守ることができるのです。 5. 殺菌力 少し前からあらゆる商品で除菌とか殺菌が売りのひとつになっていますが、シャンプーにおいても汚れを落とすだけでなく、頭皮に巣くう細菌を殺す力があれば良いにこしたことはないでしょう。 6.フィーリング やはりよく使うものだけにリラックスできる香りなど、自分のフィーリングに合うものが理想ですよね。 7.プライス 上記の条件がすべて満たされていてもあまりにも高額では長く使い続けるのは難しいですよね、その辺を踏まえて長く愛用できるプライスである事が望ましいです。 上記が一般的にシャンプーに望まれるもので、メーカーはこれらを踏まえながら様々な商品を開発して、世に送り出しているわけですが、もっとリーズナブルな商品が出来ることを祈る毎日です。

ヘアケア

« 一つ前のエントリーへ | TOPへ

【シャンプー選びカテゴリーの関連記事】

あなたのシャンプーは大丈夫?
シャンプーの種類
石鹸系のシャンプー
高級アルコール系(合成)のシャンプー
高級アルコール系(天然)のシャンプー
アミノ酸系(合成)のシャンプー
アミノ酸系(天然)のシャンプー
危険?女性用」シャンプー
薄毛のためのシャンプー選び
抜け毛が怖くてシャンプーができるか!
シャンプーの基本 7つの要素

>>薄毛体質改善法は、すでに4千名以上の方が購入した、自宅で簡単にできる発毛法はコチラ

売れてる!通販人気ヘアケアシャンプーランキング
馬油で抜け毛が止まる? 頭皮からヘアケア「ウーマシャンプー」
馬油の油が頭皮の汚れ(油)を浮かせてキレイにします。育毛は頭皮環境を整えることが大切です。 頭皮環境を集中ケアする「馬油シャンプーU-MA(ウーマ)」 薄毛でお悩みの方に
返金保証のついたヘアケアミスト 返金保証のついたヘアケアミスト「M−1」
「たった2ヶ月で髪が生えてきた!」酵素研究40年の歴史から生まれた世界初「分子ピーリング」の育毛液。たった2ヶ月で効果を実感できる即効性があります。「効果がない!」「満足いかなかった!」お客様には、全額返金システムをご利用いただけます。


ヘアケアYES or NOクイズ!
おでこの広い人は必ずハゲる?
七三分けはハゲやすい?
M字薄毛は諦めるしかない?
ギャンブル好きはハゲる?
サーファーはハゲやすい?
ライダーはハゲやすい?
ロックンローラーはハゲやすい?
頭皮が柔らかければハゲない?
薄毛になったら髪は短くしたほうがいい?
髪の毛の太さはヘアケアで太くなる?

ヘアケア 髪の毛の雑学事典
髪の毛は何でできてるの?
髪の毛の太さは?
髪の毛ってホントに強い!
髪の毛はどこまで伸びる?
髪の毛はなんでも知っている。
ダイエットと髪の毛
タバコと髪の毛
ヘアカラーと髪の毛
ドライヤーと髪の毛
セックスと髪の毛



オススメサイトヘアケアTOPページへヘアケアリンク集いいヘアケアの基本お問い合わせ
いいヘアケア準備編いいヘアケア実践編いいヘアケアグッズ


シャンプーの基本 7つの要素